クラウドなら写真も簡単に共有できる!

クラウドという言葉は聞いたことががないかもしれないです。

クラウドという言葉は聞いたことががないかもしれないです。しかし、様々なところで利用されてきています。どういうものなのかということですが、簡単にいうとWEB上の資源をあたかも自分のパソコンや端末上にあるかのように利用できる技術のことです。インターネット上にあるサービスから自分の領域を登録して、利用するのです。例えば、ウェブストレージというサービスがあります。これは、自分のパソコンに保存するように、インターネット上の空間を自分の保存スペースとして利用しようとするサービスです。

これを使うと、自分のパソコン上に置いておくよりも便利なことが多いのです。他のパソコンから、このサービスにアクセスすると、あたかも自分のパソコン上のファイルを操作するかのように、利用することができるようになります。これは非常に便利です。様々な場所に自分の環境を作ることができるのです。そして、編集などをしたデータはまた、そのストレージ上に保存すれば、自宅に帰って再度作業をすることもできるのです。

そして、それぞれのサービスにおいて、使い方を分けるようになりました。メインのクラウドサービスには、普段出し入れが激しいファイルや写真を保管し、どの端末からもダウンロード、アップロード出来るよう設定しました。そしてただ消すのはもったいないので保存だけしておきたいという写真やファイルを抽出し、もうひとつのサービスにそれらのファイルをアップロードしておきました。こうすることで、容量の圧迫を防ぐことができたのです。