クラウドなら写真も簡単に共有できる!

ゲームもクラウドサービスの時代

クラウドサービスが登場して、人々の口に昇るようになってから、数年が経過しました。今では大手のベンダーによるクラウドサービスも沢山登場してきており、その多くがエントリークラスのサービス部分については無料にしている場合が多いため、沢山の人々に利用されるようになってきています。実際のところ、自分が利用しているWEBサービスがクラウドサービスであるということを知らずに、当たり前のように使っている方も多いのではないでしょうか。

クラウドサービスについてはもちろん定義はあるのですが、大ざっぱに言ってしまうと、これまでASPサービスと呼ばれていたようなものを始めとする、様々なWEBサービスを統合したものと言うことができると思います。インターネットでWEBメールやオンラインの無料ストレージを利用されている方も多いと思いますが、それらもクラウドサービスの一部です。今ではそれに加え、文章作成や表計算、あるいはプレゼンテーションの作成と言ったものまで、ブラウザ上で作成することができ、またそれを自分のパソコンやタブレット、スマホから閲覧編集することができます。

クラウドのデメリット、それはやはりセキュリティです。当然通常の使用に耐えうる安全レベルではあります。ただし、昨今のネット犯罪の凶悪性も年々悪化してきているのも事実です。悪意のあるハッカーなどからクラウドサービスが攻撃を受け、一気にデータが拡散されたり破壊されたりと言ったリスクは常にあります。ただし、これは個人使用レベルでは防ぎようがない規模の話です。クラウド上に保存するデータの選択を慎重に行えば万が一の事態のリスクヘッジになります。今後このサービスは増々拡大していくでしょうし使わない手はないと思います。ただし、デメリットを把握した上で自己防衛をしっかりとすることが大切です。

関連情報