クラウドなら写真も簡単に共有できる!

クラウドの環境では共有化がしやすい

ソフトウェアの開発においては、コンピュータを用いて行ないます。コンピュータを用いながらも、資産はそれぞれのコンピュータ内にあります。一人で1つのシステムを開発するのであれば問題はありませんが、複数人で開発をしようと思ったら何らかの形で1つになる必要があります。結合をするためのコンピュータを別途用意したり、ネットワーク化によって互いにデータを共有したりすることがあります。同じフロア内であれば行えることです。

ソフトウェアの開発で今行われていることとしては24時間開発です。そうすることによって、より早く開発が行われます。アメリカで開発が行われ、その他インドやヨーロッパで継続的に行うことで24時間の開発が可能になるのです。それぞれの国が離れていて、時差があるからこそ実現できることです。離れていると容易にデータの共有化は行えません。メールなどで送るにしても、データが大量にありすぎて負荷がかかってしまうのです。

サーバをクラウドを利用して構築するとなるとどうなるでしょう。自社でハードウェアを持たないので、購入のコストがかかりません。当然減価償却費もありません。毎月の利用料を支払うのみです。サーバにおいては管理であったり保守が必要とされます。それらの費用も利用料の中に含まれているので、別途用意する必要はありません。ハードウェアの知識がないような会社でも、導入が可能になります。24時間かどうすることもできるでしょう。

関連情報