クラウドなら写真も簡単に共有できる!

クラウドならハードウェアの保有が必要なくなる

設備を保有して生産をするような会社であれば、工場であったり、機械が必要になります。それらは固定資産と言われ、一定の投資が必要になります。そして、減価償却期間にわたって回収されることになります。企業としては、あまり固定資産は持ちたくありません。リースが良い方法だったのですが、最近はリース資産として固定資産に表示するようになっています。そうなると、全く持たずに生産する仕組みを持たなければならなくなります。

あるメーカーでは、ノウハウのみを保有し、工場や機械は他社のものを使うような利用をしていました。こうすれば固定資産を保つ必要がなくなるので、固定資産の負担も少なく、身軽な経営をすることができるようになります。コンピュータのソフトを開発する会社はもちろん、それ以外の間でもコンピュータなどのハードを持たないといけません。サーバになると数百万円ぐらいするものがあります。機械の保守の担当者のコストもかかります。

クラウドを利用すると、保守担当者が不要になります。サーバ自体は運営会社が保有し、集中的に管理をしています。ですから、問題などが発生した時は、運営会社が対応してくれます。24時間常に行ってくれますから、自社内で専門家を雇う必要がなくなります。お金を出して雇えばいいだけでなく、教育なども必要になってきます。それらも不要になります。効率的にサーバを運営するなら、こちらを利用したほうが良いかも知れないのです。

関連情報