クラウドなら写真も簡単に共有できる!

クラウド環境の利用は保守担当者が不要

コンピュータシステムを稼働するとき、保守サービスに加入する事が多いでしょう。そうすることによって、日常的な操作や、いざっとなった時のサポートなどをしてもらうことができます。サポートをしてもらうには別途サポート料を支払うか、サポートをしてもらうために実費を支払うかがあります。サポートは年間契約などになっているので、サポートしてもらうのが得になることが多いです。いつでもサポートしてもらえる安心感もあります。

一般的なソフトのサポートは、ソフト提供会社にしてもらいます。つまりは会社に常駐してもらっているわけではありません。サーバなどの高度な運用をするとき、サーバなどを管理運営する専門家を社内に置いておくことがあります。システム関係全般のトラブル対応、変更対応などをする人です。会社によっては他の業務と兼任することもあるようです。それでもコストが発生します。一般社員ではなく、技術社員が必要になってくるのです。

クラウドであれば、システム開発の必要がありません。ネットワーク上に提供されているソフトを使うのみです。利用料の支払いは必要ですが、それを支払えばいつでも使えます。法律改正の改修などは提供している会社が事前に行ってくれているので、いつまでに改修が行われているかなどの不安などもありません。利用料金は固定制になっているので、機能がアップしたからといって特別利用料金が大きくアップするわけでもありません。

関連情報