クラウドなら写真も簡単に共有できる!

クラウドだとシステム開発の必要がない

自社で利用するシステムの開発を自社内で行うことはよくあります。会計システムなどにおいては、自社で使いやすいようにするものです。パッケージソフトは基本的な処理はできるものの、特定の処理をさせようとすると面倒なことがあります。自社開発なら、自社で多い取引を中心に組むことができます。一旦開発してしまえば後は使うだけですから、コストもかからないはずです。そう思って自社開発を行ないます。これが結構大変になります。

自社開発は自社に合ったものを作ることができますが、保守、改修、変更などをすべて自社で行わなければいけません。最初から100パーセント完璧にできるわけがなく、更には法律改正などで改修が必要になる場合があります。その時にも自社内で行わなければなりません。専用の人を置くにしても、開発会社に依頼するにしても費用がかかります。他のシステムに移行したくてもそれが難しいので、結局使い続けるしか方法がないのが実情です。

クラウドの環境で提供されるものであれば、ハードやソフトの陳腐化が防げます。毎月の利用料は変わりません。でもハードは新しいものが出ればどんどんそれに対応します。ソフトの方も対応してくれます。得に買い替えの費用も必要ありません。買い替えたりするとき、データの移行などが必要になりますが、そういったことをしなくても対応してくれるのです。常に新しいものを使うことができるので、作業の効率も下がることはありません。

関連情報